100の目標を達成する

やるしかねぇべ。

2本目に見た映画「スティーブ・ジョブス」

2400本の2本目。

書くペースが遅れていますが、映画は見ています。

 

映画"スティーブ・ジョブス"をAmazonビデオで視聴しました。

 

スティーブ・ジョブズ  [DVD]

 

解説

2011年に逝去したアップル社の創業者、スティーブ・ジョブズの伝記ドラマ。天才と称される一方で非情な人間とも伝えられた彼が歩んだ、波瀾(はらん)万丈な人生を追い掛けていく。メガホンを取るのは、脚本家としても活躍してきた『ケビン・コスナー チョイス!』のジョシュア・マイケル・スターン。キャストには、『抱きたいカンケイ』などのアシュトン・カッチャーや『イノセント・ガーデン』などのダーモット・マローニーなど、実力派が結集。ジョブズにふんしたアシュトンの成り切りぶりは必見。

シネマトゥデイ(外部リンク)

あらすじ

誰からも天才と認められるも、周囲との衝突が絶えないスティーブ・ジョブズアシュトン・カッチャー)。既存の組織に所属するのに向いていないと悟った彼は、自分のような友人らと自宅ガレージをオフィスにしてアップルコンピュータ社を設立する。革新的な商品を次々と放ってはヒットさせ、たった4年で株式の上場に成功、IT界の寵児(ちょうじ)となるジョブズ。しかし、意見の相違がある社員は問答無用で解雇、創立時メンバーを冷遇するなど、独善的な言動を繰り返すように。その果てに、彼は自身の会社から追放されてしまう。

シネマトゥデイ(外部リンク)

 

見どころ

 スティーブ・ジョブスが当時働いていたアタリ社で、無理な仕事を引き受けてしまい、

親友のウォズニアックの力を借りて仕事を手伝って貰っている場面です。

 

仕事場の人間関係がうまくいかないジョブスが、ウォズニアックとコンピューターについて楽しそうに語っている姿がとても素敵です。

 

 

いいセリフ

 

「人生とは 平穏な生の完成への旅だ」

 

「シンプルに生きれば 人生が単純で 幸せなことに驚くだろう」

 

この2つはジョブスがインドへ7ヶ月間旅へ行ったときの、ナレーションです。

 

 

「 クレイジーな人に乾杯

はみ出し者 反逆者 問題児 場違いだと感じる人

物の見方が違う人

彼らは規則を嫌い 現状をよしとしない

彼らの言葉を引用する人も

反対する人 賞賛する人 けなす人もいるが

無視はできない

彼らは物事を変え

人類を前進させる

クレイジーに見えるが

天才だと思う

世界を変えられると本気で思う人間が

世界を変えるのだから」

 

長いセリフですね。

映画の終わりに、ジョブスがApple社のCMのレコーディングをする場面のものです。

 

”Think Different”と呼ばれるCMのようです。

www.youtube.com

 

 

学んだこと

もう一人のスティーブがいた。 スティーブ・ウォズニアック - Wikipedia

 私は知らなかったのですが、ジョブスは周りとうまくコミュニケーションができない人間だったということ。

 唯一、気が合う人間がウォズニアックであったこと。

 二人はヒューレット・パッカード、HPですね。そこのインターンシップで知り合ったようです。

 

APPLEはジョブスひとりでは作れなかった。

 ジョブスは画期的なアイディアマンですが、彼一人ではAPPLEを作れなかったと私は思いました。

 変わり者の彼には少なからず、共感者いました。それらを大事にしたからこそ、

会社の指針がブレずに、今のAPPLEがあるのだと映画からわかりました。

 

自分の信念を突き通す生き方。

  正直、映画を見た限りジョブスはイイ奴ではありません。

自分と合わないものは躊躇なくクビを切り、創設時からの古株にも遠慮しません。

 しかし、彼は 間違ったことはしていないのかもしれません。

 APPLE社の目的は「革新的な製品・サービスで革命を起こす」こと。

 常にコンピューターの進化と、消費者のことを考えていたからこそ

彼の中には譲れない信念があったのかもしれません。

 

ここまで読んだ頂きまして、ありがとうございました。

 

movies.yahoo.co.jp

スティーブズ 1 (ビッグコミックス)

スティーブズ 1 (ビッグコミックス)